· 

封ジノ酒(アマビエ・ヨゲンノトリラベルの日本酒)の販売停止とお詫び

 

 この度、企画した封じの酒のアマビエ、ヨゲンノトリのデザインが他の方の作品に酷似しているというご指摘を頂戴致しました。まずはお騒がせをしご迷惑をお掛けしたこと心よりお詫び申し上げます。

 

 有限会社小谷酒店は、封ジノ酒(アマビエ・ヨゲンノトリラベルの日本酒)に関する全ての関係者の方に私の方から今回の経緯と謝罪をさせて頂き、大至急全商品(一升瓶、4合瓶、300ml)とその付属品を回収し販売停止するよう手配させて頂きました(新しいラベルで販売することは現時点で考えておりません)。同時にこのお酒を買って頂いた方にも出来る限りお詫びの連絡をさせて頂こうと思います。このラベルが桂つかさ様・広瀬順子様のオリジナルデザインであった事も謝罪と共に精一杯お伝えさせて頂こうと思っております。

 

 桂つかさ様・広瀬順子様のモチーフとなったデザインに関しましては、大洲市の今後の地域発展を目指した日本酒ラベルとして沖野氏のデザイン事務所に依頼させて頂き、完成したラベルの色合いなどを最終的に話しあい封ジノ酒ラベルとして採用させて頂きました。

 

 今回の騒動につきましてデザイナーの沖野氏に確認したところ、「騒動のポイントとなるモチーフにつきまして、今回のラベルに合うモチーフの参考を探し、そこから既存の作品を参考に制作していたこと、それが盗作という行為になってしまったことを認めます。大変申し訳ございませんでした」とのことでした。

 

 また経緯としましては「今回封ジノ酒というロゴに、既存の作品が一番イメージに当てはまり、本来ならばそこからオリジナルなものを制作しなければならないところ、配慮不足により、ほぼ既存のモチーフに近い状態での作品のまま、ラベル完成、商品化、という流れになってしまいました。結果このような騒動を起こしてしまったこと、1人のデザイナーとして、他の方の作品を利用し、商品化してしまったこと大変申し訳ございません。心よりお詫びいたします。」という回答でした。

  今回の事でどれほどの方にご迷惑をおかけしたかと思うと心から悲しくなると同時にお詫びの言葉もございません。当社といたしましても、商品開発・デザインを依頼する立場としての管理・チェック体制が不十分だったと痛感しております。

 

 封ジノ酒、販売店としてできることは精一杯させて頂きたいと考えております。桂つかさ様・広瀬順子様をはじめ多大なるご迷惑をお掛けしました事心よりお詫び致します。そして、大変迷惑をお掛けしました消費者様や関係者の皆様に経緯、謝罪を載せさせて頂こうと考えております。さらには沖野氏自身公式ホームぺージにも経緯等を載せて貰うように依頼します。

 

 コロナ禍で地域の各蔵元さん達と少しでも地域に貢献しようと醸造、販売を始め頑張ってまいりましたがこのような結果になり多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。今後はこのようなことがないよう再発防止に十分に配慮し、お酒を通して地域の活性化に貢献していく所存です。

 

 この件につきましては何卒寛大な措置を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 

  

  

令和3年5月9日

有限会社小谷酒店

代表取締役 小谷順一